多忙の中の戯言

銀蔓が徒然なるままに送る戯言。TBは記事に関連するもののみ受け付けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何となく考察

AC4に登場するリンクスはAMS適性の有無によって決まる以上、必ずしも昔から戦場にいたとは限らない。
と思ったので、確認出来る限りでのリンクスの前歴をまとめてみました。

1:元レイヴン
ACシリーズならレイヴンを最初に持ってくるのが当然の礼儀……かどうかは知りませんがとりあえず。
No.39の主人公の他、No.14のシェリング、No.27のミヒャエルが該当。
ミドブログに登場する“元レイヴン”はGAの技術テストパイロットとなったそうだが、一説には“元レイヴン”=主人公だとか。多分それは無い。

2:元軍人
レイヴン以外で、何らかの形で戦場に身を元々置いていた者がここに入ります。
まず、説明文に“軍人”とあるのでNo.1のベルリオーズ。戦車乗りの過去を持つNo.24のワカ。元軍国出身であること以外が不明であるNo.38のヤンもここに入る可能性あり。
企業軍も含めるのならば、バーラット部隊出身のNo.28、シブ・アニル・アンバニが入るか。というか、オリジナルの多くはここかAMS被検体であろう……

3:AMS被検体・ネクスト技術者
No.40のジョシュアに加え、No.33の真改(テストパイロット出身)、No.7のテペス=V(実験段階からネクストに搭乗)、No.34のイアッコス(元ネクスト技術者)が該当。

4:民間人登用組
No.30のミドやNo.31のセーラは言うに及ばず。個人的に、前歴不明の非オリジナルリンクスの大半はここに該当するんじゃないかと。
後、個人的には、No.9のサー・マウロスクが国家解体戦争前にナイトの位を実際に叙勲された芸能人だったら面白いとも思います(マテ
スポンサーサイト

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。