多忙の中の戯言

銀蔓が徒然なるままに送る戯言。TBは記事に関連するもののみ受け付けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたみが無い

 [メキシコ市 26日 ロイター] メキシコ当局は、最近の金属価格高騰を受け、一部硬貨についてサイズを一回り小さくするとともに、高価な銅や亜鉛、ニッケル合金の代わりにステンレス鋼を使用したい意向。カルデロン大統領が今週、議会に法案を提出した。

 メキシコの日常生活では紙幣に比べ硬貨の使われる度合いが高く、財布やポケットが硬貨で一杯という様子はよく見られる。政府によると、硬貨の使用は年約6%の割合で増えている。

 法案で大統領は「他の金属に比べ価格が安定しているステンレス鋼を使うことで、硬貨の造幣コストを削減したい」としている。


ステンレス鋼、というか鉄ってあまりにもありふれた金属なので、硬貨に使うとしたら額面価値はさておいてもありがたみが感じられないような気が。
まぁ、別に金本位制とか採用しているわけでもないでしょうから、硬貨の材質がなんであろうとさしたる問題ではないんでしょう。ついでに言えば、それを言い出したら一円玉だってアルミなんですからどっこいのはず。
しかし日本でこんな事をした日にゃ……自販機からATM、細かい所ではエンゲルス(=コインカウンター)まで全とっかえですか。出来るわきゃねぇだろぉー!(CV御大将)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vinethesilver.blog114.fc2.com/tb.php/126-9b2caf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。