多忙の中の戯言

銀蔓が徒然なるままに送る戯言。TBは記事に関連するもののみ受け付けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビは所詮ナビ

雄山先生は言いました。「馬鹿共に車を与えるな」と。

[米ニューヨーク州ベッドフォードヒルズ 3日 AP] GPSシステム(衛星利用測位システム)はドライバーに多くの情報を与えてくれる……しかし、列車が迫っていることは教えてくれなかったようだ。

水曜日、コンピュータのコンサルタントとして働く男性がレンタカーで走行中、列車が迫っているにもかかわらずGPSの指示通りに踏切内に進入、さらに車がスタックしてしまった。衝突の直前に男性は車を離れ、幸いにもケガ人は誰1人でなかった。

男性がGPSの指示通りに右折、踏切を渡ろうとしたところ、何らかの理由で車が動かなくなってしまった。迫り来る列車に気付いた男性はすぐに車から飛び降り、手を振って運転手に知らせようとしたが間に合わず、時速60マイルで走行していた列車が車に衝突した。

この事故の影響で列車は2時間に渡ってストップ、ラッシュアワーの乗客約500人が現場で足止めとなった。また、線路250フィートにも被害が及んだという。



まぁ、こんな大ポカは論外としても、カーナビも古いタイプだと道路情報が古かったりしますし、頼りすぎるのも問題ありといった感じでしょうか。
つか、普通に考えたら踏切のサイレンとか鳴るでしょうに……。
教習所の教官が「五感で感じろ」とか言ってたのを思い出しました(味覚をどう感じるのか理解の外ですが)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vinethesilver.blog114.fc2.com/tb.php/54-cb7e872b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。